仁右衛門塗の燈籠


この燈籠は竿(柱)の部分に龍の浮き彫りが施されています。
浮彫は、高蒔絵の応用で、漆を盛り付けその上に乾漆を施し、研ぎ出しをして躍動的な立体感を表現しています。
石肌の様な風雅な絵柄が特徴です。
龍は左右で一対、昇り龍と降り龍を描いています。
軒裏も乾漆仕上を施し穏やかな光を放ちます。


写真は自徳寺様上納品です。

燈籠は随時製作しております。
在庫数などの状況はメールまたは丸仁工芸まで直接お電話にてお問い合わせ下さい。